スポンサーサイト

--年--月--日


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

メール便 持戻

2012年08月01日


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
え?第8章出来ちゃったの!?
と目を輝かせちゃいましたか?なんて。うふふ^^
今回は全然大したことじゃないので記事にするまでもないのだけれど、一応記録がてら。
そして、もしも今後何かあった時のために記録。笑
第7章以来、その後がどうなったかキニナルと言う方もいらっしゃったので^^

息子が愛して止まない非売品ミニカー。笑

PA174020.jpg

大事に未開封だったものも次々に開封され、全部息子の大事なおもちゃになっております。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
そして一応記事リンク張っておきます^^

おさらい記事リンク。
第1章 ついにこの日が。。メール便配達事故
第2章 メール便その後
第3章 メール便配達のあやしげなおっさん
第4章 メール便配達方法の愚痴
第5章 父娘共にカティーン
第6章 上司来訪
第7章 ご本人来訪

***

あぁ、思い出してもイラッチww
でも笑いながらイラッチなので、私の中では過ぎた思い出となっているようです。
第7章以来、あのおっさんに遭遇することもないので、鼻息荒げることもなく過ごしておりますよ^^v

で今回何が言いたいかと言うと・・・笑。

まさか第7章で、おっさんがうちへのメール便は「あぁ!持って来ません!!」と吠えた後から、我が家宛のメール便は一旦営業所へ「持ち戻り」と言う名の遅延が発生する事になろうとは。。

第2章にも書いておりますが。
上司が「今後はあの配達員にはこちらのメール便は配達させませんので」との約束を交わしてきた。
私は「そうする事によって、配達遅延とかないですか?」と聞きました。
だってワザワザ私宛のものだけ外してドライバーに持たせるって事だし。
すると「それは大丈夫です」とキッパリ言い放ち、仰るとおり我が家宛のメール便は、速達並の速さで届くようになったのです。

でまぁ、色々と合って第7章でまた上司と約束を交わし、おっさんが荷物を持ってこないことになったわけですが、それからの配達は全て。

す・べ・て、メール便は「持戻」になります。

そろそろ届くかな?と番号追跡すると本日「投函予定」となっているから楽しみに待っていても、午後を過ぎたらこんなことになっています。

P7306782.jpg

毎 回 。

運よく「投函予定日」に投函される。
ってことは一度もなく、必ず持ち戻られて1日届くのが遅くなります。

そして大体翌日ドライバーさんが朝のルートで持ってくるという感じ。
なので必ず1日遅れて届くのです。
この投函予定日にちょうどいつも来るドライバーさんが来たので、わざとらしく^^;「あれ?メール便が投函予定になってましたけど、来てないです?」と聞きましたら「いや、今日はなかったですけどねぇ」と。

で、私の推測ですが、あのおっさんの所に荷物が渡っていて、配ってる最中に私宛のメール便があったら「これは営業所へもち戻りっと。」って事で午後に営業所へ持って行っているんだろうなぁと。

第2章で、ドライバーが直接持ってくることによって遅延する事はないかと問うと、ないとキッパリ言い放ったのにこれですか。
まぁ紛失して問題になってるわけじゃないから、我慢するか。
と思ってましたけど、この荷物、翌日の朝のルート便にも乗ってきていなくて、午後の便にも来る気配がなかったので、いっちょ言ってやるしかないですね・・・と言う決意に結びつきまして(笑)

荷物も早く必要だったので取りにいったるか。ってことで午後から営業所へGO。

ちょうどドライバーさん達の休憩時間だったみたいで、トラックがわんさか。
あぁ、顔見知りのドライバーさんたちに会いたくないなぁ、受付の人に言って終わらせたいなぁ~と思いつつ営業所の中へ。

受付とドライバーさん達の間に仕切りがあるので顔は見えなかったけれど、めっちゃ聞き覚えのある声が~直ぐそこに知ってるドライバーさん二人はいるよ~。

そっちは見ないようにw受付の人に、メール便が昨日持ち戻りになったまま届いてないので、こっちにあるかなーと思って来ました的な事を言ったら、住所と名前を確認されたので小声で言っていたらw、仕切りの向こうから「お、Rei。。さん?どうした?」ってwww

ドライバーさんにみっかったww

この50代位のドライバーYさんは、この営業所のドライバーさんの中でも一番上の人っぽくて、責任者チックな肩書きがついてました。

メール便が昨日から持ち戻りになってるから、こっちにあるのかなぁと思って的な事を言ったら、自配の中に入ったままかも?と慌てて違う部屋へ行き確認している様子。
仕切りの向こうから別の若いドライバーさんが「Rei。。さん、伝票番号わかります?」と言うので、「いや、わかりません~」と顔は見えないまま応答。
「K本さんが持って出たかも??」とか言ってます。
この名前、忘れませんよ~、おっさんの名前!笑
「K本さんの携帯番号わかる?」「K本さん?ってメイトさん?」「そうそう、メイトさん」とか受付の人と話してる。
いやだー!あのおっさんとはもう関わりたくないんだからー!
と焦ってたら、ドライバーYさんが遠くから「ったったった!あったー!」wって持って来ました。

おっさんと関わらずに済んでよかったよぉ~また動悸がしちゃうとこだったよ~。

と一人、安堵感に包まれ、Yさんが「ちょっとまってね、配完の処理するからねぇ」とピっとバーコードをなぞり荷物を受け取りました。
安堵感に包まれ、すっかり言いたいことを言えずに営業所を後にしたチキンw

そしてこういう風に変わるのです。

P7306783.jpg

とりあえず毎回持ち戻られてるんですよって事はいつか伝えようとおもいます。

意外とこのメール便関連記事、その後が気になっている方など注目度が高い気がしますので、また今度事情説明できる機会があって、何かしら進展がありましたらご報告いたしますね^^*
応援ポチパチおまちしておりますっ☆


コメント




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。